森田フードシステム株式会社 ブログ

作ってみました!(煮卵編)

| 0件のコメント

こんにちは!
本格的な暑さの前兆なのか、陽射しが日に日に強くなってまいりました。
暑がりの私は外出の際、必死に日陰を探して歩く日が続いております。
皆さんも急激な気温の変化に体調を崩さないよう、お気を付け下さい。

さて、今回は弊社の「ロースト調味料」を使って煮卵を作ってみました!

材料
・卵(Mサイズ)  12個
・醤油        60cc
・みりん       60cc
・砂糖        6g(小さじ1)

上記の醤油、みりん、砂糖は調味液となります。

味の違いを比べるため、今回は以下の3つの調味液を用意しました。

  1、基準の調味液(醤油、みりん、砂糖のみ使用)
  2、基準の調味液に「ロースト調味料B」を1%添加したもの
  3、基準の調味液に『ロースト調味料F4』を1%添加したもの

※1%添加・・・調味液の原料Aが合計で約130gとなるので、1.3g添加します。

※ロースト調味料
   醤油と砂糖を混ぜ合わせ焙焼した、黒褐色の液体調味料。
   ロースト調味料B・・・F4に比べ醤油感が強めの調味料。
   ロースト調味料F4・・・Bに比べて塩分控えめの調味料。

作り方
① 卵を沸騰したお湯で6分半程茹で、半熟にしておく。

② ジップロックに調味液の材料(醤油、みりん、砂糖)を入れ、よく混ぜる。
   混ぜる際に邪魔になるので、卵はまだ入れません。
  
③ ②の要領で調味液を更に2つ作り、ロースト調味料B、F4をそれぞれ1%(約1.3g)添加する。

※写真内の「コントロール」とあるのが何も添加していない基準品(醤油、みりん、砂糖のみ使用)のことです。

④ 半熟卵を各調味液に浸し、5時間程で完成!

5時間後

これで完成です!

~試食の結果~
試食の第一印象は、意外にもベースとなるコントロール品が少ししょっぱいということでした。(笑)
それはともかく、、、
「ロースト調味料B」を添加した煮卵はコントロール品に比べて、醤油感や塩感、香ばしさを
強く感じるようになり、口の中に暫く風味が残るようになりました!

『ロースト調味料F4』を添加した煮卵は、コントロール品に比べて、塩味が抑えられ、
甘味をわずかに感じることが出来ました。また、Bに比べコクを感じ、味に厚みを感じました!

次回は鰹節のエキスなどを使ってより本格的な調味液を作ってみようと思います。

弊社は着色料のカラメル(カラメル色素)や今回ご紹介したロースト調味料の他、デザートの生地や
トッピング用のキャラメルソース、また、プリン用のカラメルシロップ等の糖加工品を製造しております
ご要望を頂ければ様々な風味や物性のカラメルシロップやデザートソース、キャラメルソースの受注生産にも
柔軟に対応しております。

みなさまからのお問合せを、心よりお待ちしています。

コメントを残す

必須欄は * がついています


CAPTCHA