森田フードシステム株式会社 ブログ

カラメル色素に関する規格・基準について

| 0件のコメント

今回は、カラメル色素に関する規格・基準についてお話ししたいと思います。

 

カラメル色素は食品添加物であり、食品衛生法の規制を受けています。

食品添加物には、指定添加物、既存添加物、天然香料、及び 一般飲食物添加物があります。カラメル色素は「既存添加物」 に該当します。

1999年、カラメル色素は第7版食品添加物公定書に新規収載され、現在は、第8版 食品添加物公定書に継続収載されています。

 

カラメルは世界各国で使用が認められていますが、各国の法律の下で規制を受けており、日本の規制と異なる規制が行われている場合があります。カラメル色素の輸出入にあたっては、その国の法規制の詳細な内容を確認するとともに、輸入国の法規制に適合することが求められます。カラメル色素の使用が認められているとしても、各国毎の規制を十分に把握する必要があります。

 

主なカラメル規格を以下に示します。

********************************************

日  本:食品添加物公定書(JSFA)

医薬品添加物規格(薬添規)(JPE)

医薬部外品原料規格(外原規)(JSQI)

国際規格:JECFA食品添加物規格

米  国:CFR Title21,73.85

FCC

欧  州:Commission Regulation No.231/2012

********************************************

 

出所:日本カラメル工業会パンフレット

 

コメントを残す

必須欄は * がついています


CAPTCHA