森田フードシステム株式会社 ブログ

2017年12月5日
から morita-food
0件のコメント

カツラの木

皆さん、こんにちは
12月に入り、吹く風や毎朝の水の冷たさが身にしみるようになりました。
私たちの地域では、冬季に北西の方角から吹く季節風を「伊吹颪」と呼び、この寒風が冬本番を告げると言われています。
皆さん、冬本番にしっかり備えて、風邪などひかぬよう、気をつけましょう。

ところで皆さん、話はすっかり変わりますが、「カラメルの甘い匂いのする葉っぱ」があるのをご存じですか?
つい先日そんな話を耳にし、カラメルメーカー営業マンとしては、いてもたっても居られず、散策に出ることにしました。
所変わって、岐阜県某所で、噂の葉っぱを持つ木、「カツラの木」を発見しました!!!

 

 

基本的には1年中、香りを漂わせているようですが、最も匂いが感じられるのは、落葉の絨毯が敷き詰められた頃と言われています。
匂いの原因はお菓子などの製造過程で作られる、マルトールという物質がカツラの葉にも含まれており、それがカラメルと似た匂い、甘い匂いと感じられるそうです。
皆さんも是非探してみてはいかがでしょうか。

弊社はカラメル色素、糖加工品の製造販売をしております。お客様のニーズにも合わせ、受注生産にも対応しております。
どうぞ、お気軽にお問合せください。お客様の元へ甘い香りをお届けします。

2017年11月21日
から morita-food
0件のコメント

秋カフェ



秋カフェ

こんにちは!

秋も深まり朝晩が冷える東海地方です。
日中はまだ温かいので紅葉狩りなど行楽に出かけるにはよい季節となってきました。
食べ物もおいしい時期であるので、森田フードシステム本社近くにあるカフェへお邪魔してきました。

パフェや紅茶などが有名なカフェで、お店はにぎわっております。
本日は月替わりパフェの「りんごとスイートポテトパフェ」をオーダーしました。

りんごゼリー、カットりんご、アイス、アップルパイゼリー、りんごコンポート、スイートポテトと豪華な構成です。

また、ハート型のパイや茶色一辺倒にならないようなトッピングもされており、味にも期待ができます。

クリームの上にはカラメルシロップと思われるものがかかっており、爽やかな苦みが甘さ控え目のパフェによく合います。
パフェには珍しくりんごのコンポートが温かいので、りんごの甘さをとても感じられます。
スイートポテトは滑らかで優しい味で、たっぷり楽しめます。
このようにりんごやサツマイモの美味しさを全面に感じられるパフェで、おなかも見た目も満足できる一品でした。

最近はSNSに投稿した際に映えるスイーツや料理が喜ばれる傾向にあり、味だけでなく見た目の華やかさも非常に重要なポイントとなっております。
弊社はトッピングにもご使用頂けるジュレ状カラメル等も製造しており、トッピングでも実績がございます。
クリーム類などにも滲みにくい製品ですので、ぜひお問い合わせください。
お待ちしております。


2017年10月4日
から morita-food
0件のコメント

お月見!お団子!

こんにちは!

 

秋の日差しが心地よく、すがすがしい実りの季節を迎えています。

食欲の秋、読書の秋、スポーツの秋!みなさんはどの秋を過ごされていますか?

私はもちろん、食欲の秋!と言うことで、今回は「お月見」を紹介させていただきます。

お月見は「中秋の名月」の日(十五夜)に行われます。これは旧暦の8月15日で、

2017年は10月4日になります。

昔から日本人にとって月は感謝と祈りの対象になっていました。芋類の収穫を感謝し、

秋の収穫を祝うため、それがお月見の行事になったと言われます。

 

お団子好きな私は、十五夜を待ちきれず・・・既にこの2つを頂きました!

 

みたらし団子

 

黒蜜きなこ団子

 

みなさんも今年の10月4日は晴れることを期待し、すすきとお団子を用意して月鑑賞を

してみてはいかがでしょうか。

 

弊社は着色料のカラメル(カラメル色素)の他、デザートの生地やトッピング用のキャラメルソース、

また、プリン用のカラメルシロップ等の糖加工品を製造しており、ご要望を頂ければ今回のお団子

で紹介した「みたらしソース」や「黒みつ」等のデザートソースの受注生産にも対応しています。

みなさまからのお問合せを、心よりお待ちしています。

2017年7月31日
から morita-food
0件のコメント

「夏バテ対策」土用の丑

みなさん、こんにちは!

梅雨の時期も終わり、蒸し暑い日が続くようになってきました。

暑さ対策はしっかりとれていますか?夏バテしないように気をつけたいですね。

私の中では『夏バテ対策』と言えば、やっぱりコレでしょ !!

 

7月25日は「土用の丑」ということもあり、大奮発して鰻を食べに行ってきました。

そもそも、土用とは「季節の変化の目安とする日」のひとつで、立春、立夏、立秋、立冬の前の約18日間を指します。この期間中で十二支の丑にあたる日が「土用の丑」です。

夏の土用は丑の日に「ウナギを食べれば夏バテしない」という江戸時代からの風習が今日まで受け継がれているようです。

 

さて、鰻の話が出たところで、今回は「蒲焼きのたれ」に注目してみました。

この「蒲焼きのたれ」には、弊社製品である「カラメル色素」や「ロースト調味料」が使われている商品がたくさんあります。食欲をそそる独特の色や照り、焦がし風味等を醸し出すには、欠かせない材料となっています。

 

 

弊社では、カラメル色素以外にもカラメルシロップやキャラメルソース等の糖加工製品、ロースト調味料の製造を行っています。

どうぞ、お気軽にお問い合わせください。お待ちしています。

2017年6月26日
から morita-food
0件のコメント

第27回全国菓子博覧会・三重

第27回となる全国菓子大博覧会が東海エリアで40年ぶりに開催されました。開催初日よりテレビやネットで多くの方が訪れたという盛況ぶりや、会場内について多数紹介され話題となりました。

県内での開催ということもあり足を運んでみました。「見る・食べる・買う」の魅力が満載という事で会場をチェックし楽しみにしていましたが、当日は雨が強くまた風も吹いていたため、傘をさしていても駐車場から会場へ向かうシャトルバスに乗るまでに足元はずぶ濡れになってしまいました。こんな天候でしたので屋外の催事は断念し、早々に屋内の展示を見に行きました。

まず、お菓子の匠工芸館に行きました。菓子職人による工芸菓子の作品があり、桜、ぼたん、あじさいの花や小鳥やリス、鷹、イケメンゴリラのシャバーニ、龍や風神雷神と多種多様な展示品はお菓子であるとは思えないほど繊細に色鮮やかに作られていて圧巻でした。

つぎに向かった全国お菓子 であい館には全国のお菓子が6ブースに分かれて展示されていました。お菓子のテーマ館は、高校生・専門学校生が学校ごとに制作した野菜やフルーツ、肉、魚などの工芸菓子の作品や江戸時代のお菓子事情の展示がありました。さらに進むと浮世絵 歌川広重の「伊勢参宮 宮川の渡し」をモチーフに立体となった巨大な工芸菓子が展示されていました。浮世絵には桜は書かれていませんが、江戸時代に描かれた宮川と現代の桜の名所として親しまれている宮川が交差する新しい作品にチャレンジされたとのことです。松と満開の桜並木を人々が賑やかにお伊勢参りをする様子は見ているこちらまで楽しくなるほど表情豊かで、自分も一緒にお伊勢参りをしているかのように感じられました。宮川を船で渡っている様子もあり、当時は苦労もあったお伊勢参りだったと思いますが、和やかな雰囲気も感じました。県内の和洋菓子職人さん達が技術を集結し1年半ほどかけて制作されたというこの大作はとても感動的で見ていて見飽きないほどでした。

次回の開催は4年後で開催地はわかりませんが、機会があればまた行きたいと思います。

2017年5月18日
から morita-food
0件のコメント

東京営業所のご紹介

こんにちは!
ゴールデンウィークもあっという間に終わり、日中は汗ばむくらい初夏の陽気になってきました。
日や時間によって寒暖の差も大きく変わりますので、体調管理には十分気を付けてください。
さて、話は変わりますが、今回は弊社の東京営業所について紹介させて頂きます。

東京駅からJR山手線内回り~西日暮里駅からJR常磐線直通東京メトロ千代田線に乗り換え、5つ目の駅となるJR金町駅が最寄り駅となります。
金町駅から徒歩10分ほどの所に東京理科大学葛飾キャンパスがあるため、平日の朝は学生で溢れます。

写真⓵ JR金町駅

 

 

 

 

 

 

 

 

金町駅には北口と南口がありますが、営業所へは北口から出てください。

写真⓶ 金町駅北口

北口から出て、左側に沿って歩いてください。
駅からの道沿いには居酒屋やパン屋、コンビニやドラッグストア等の商店街になっています。

写真⓷ 商店街

駅から5分ほど歩いていくと、左手にイトーヨーカドーさんが見えてきます。

写真⓸ 営業所付近

イトーヨーカドーさんの道路を挟んで右側に5階建の茶色いビルが見えてきます。
このビル(味久ビル)の2階が、東京営業所です。

写真⓹ 味久ビル

 

昭和47年に東京出張所として金町に開設され、平成21年に東京営業所と名称が変わりました。
現在、東京営業所には常駐の社員が3名おり、北海道から長野県にかけて営業活動を行っています。
これからもお取引先の皆様のご期待に添えるよう、全員一丸となって取り組んでいきますので、よろしくお願い致します。

弊社は着色料のカラメル(カラメル色素)の他、デザートの生地やトッピング用のキャラメルソース、カラメルシロップ等の糖加工品を製造しております。
味や物性等、ご利用頂く方々のご要望にも柔軟に対応させて頂きますので、是非お問い合わせください。
お待ちしております。

 

2017年4月10日
から morita-food
0件のコメント

作ってみました!5

こんにちは!

日本の春といえばやっぱり桜です。
東海地方では各地のお花見スポットも最盛期を迎え大勢の人が詰めかけているようです。
まさに春らしい陽気になってきましたね。

さて、最近SNSで話題になっている食べ物にCafe de parisの「ボンボン」があります。
卒業旅行などで韓国に行った人が、これはすごいと大絶賛しております。

ボンボンとはフランス語で甘い砂糖菓子を意味し、現在人気のボンボンは果物をふんだんに使用したパフェのことです。
そんな人気のボンボンをアレンジした「キャラメルクリームのストロベリーボンボン」を作ってみました。

まずはカップにスムージーを注ぎます。
今回はイチゴ、ブルーベリー、牛乳をメインにしたスムージーを使用します。

次に弊社「ミルクキャラメルベースCM-2D」(14%)と砂糖(3%)を生クリーム(83%)に混ぜ入れ泡立てます。
出来たクリームをカップに入れます。

その上に①半分にカットしたイチゴ、②キャラメルクリーム、③カットしていないイチゴ、④粉糖の順番に乗せて完成です。

ベージュがかった色のキャラメルクリームがカップから溢れそうですね。
イチゴ、クリームをたっぷり使ったことがポイントです。

キャラメル風味のクリームとイチゴの甘酸っぱさが非常にマッチして美味しく仕上がりました。
たっぷりのイチゴに加え、スムージーも飲みごたえがあるのでこの1杯で大きな満足感が得られます。
生クリームと果物は間違いのない組み合わせです。
そこにキャラメル風味が付与されることで、より豪華に感じられるのではないでしょうか。

ちなみに弊社社員が本場韓国で食べてきたストロベリーボンボンがこちらです。

クリームの白とイチゴの赤が美しく、食欲がわきますね。

 

 

デザートの生地やトッピング用のキャラメルソース、プリン用のカラメルシロップ等弊社は糖加工品を製造しております。
お使いいただく方の味・物性のご要望にも柔軟に対応致しますので、ぜひお問い合わせください。
お待ちしております。

 

2017年3月31日
から morita-food
0件のコメント

2年目の春を迎えて

3月に入って、気温の低い日もありましたが、ようやく、ここ東海地方でも、桜の開花宣言が行われました。これから10日程で満開に向かうと思われます。

桜と言えば、入学式や入社式の季節ですね。

私も昨年の今頃、不安と期待で胸がいっぱいの中、入社式を迎えました。

あれから1年、諸先輩方からの暖かい「叱咤激励」を受けながら、少しずつ成長させてもらっています。

私のモットーは「仕事も遊びも真面目に一生懸命に取り組む」こと。

と、言うことで、先日行われた社内ゴルフコンペ「和楽苦(わらく)会」について、紹介させていただきます。

「和楽苦会」は、楽しいことも、苦しいことも、みんなで分かち合い、助け合うことを目的に、社員が親睦を深め、一丸となれるようにと、平成元年から始まったゴルフコンペです。

私にとって、人生初のゴルフラウンド。

これも社会人として、また営業マンとして、習得必須との教えから、密かに数か月前より練習に励み、本番に臨んだのですが・・・

結果は、猛特訓の甲斐もなく、あえなく最下位。しかしながら、根気よくお付き合いいただいた諸先輩の有難さや、仕事とは違った一面を知ることが出来、貴重な1日となりました。次回こそは・・・TOP 10入りを決意した次第です。

 

この他にも、この1年、ボーリング、カラオケ、宿泊宴会等、社長を初め上司や諸先輩の方々と楽しい時間を過ごすとともに、普段の仕事でも厳しくも暖かい雰囲気の中、仕事をしてきました。

今、就職活動をされている学生の皆さんの参考になれば幸いです。

現在、当社では「研究開発・品質管理」部門、ならびに「事務(経理)」部門の募集を行っています。詳しくはHP「求人情報」をご覧ください。

たくさんのエントリーをお待ちしております。